本文へ移動
                             バスツアーんまいくろエクセレントツアー貸切バス
オススメ渋川魅力再発見【11・12月】佐久発電所見学と歌舞伎舞台からくり

ふるさと探訪!

【11・12月】佐久発電所見学と歌舞伎舞台からくり

大人お一人様3,300円(税込)
 オンラインで予約する
TEL.0120-753-815
オススメポイント!
「身近にこんなところがあるなんて!」地元を再発見できるマイクロツーリズム
ご自身で行かれたことがあっても、「バスツアー」で行ってみると、まるで違って見えるから驚き♬
朝もゆっくり、帰りも遅くならない、まさに「ちょうどいい」バスツアー!
この機会に、ぜひツアーをご体感ください♪感染予防対策を施しお待ちしております!

-佐久発電所ー
浅野セメント創業者、浅野総一郎氏により開設された発電所で、その名を奥さんの名前「作」さんの雅号「佐久」から採っており発電所名の由来が非常に珍しい発電所です。日本で初めて差動型(差動式)サージタンクが設置されました。当時世界一の高さのサージタンクであり、建替えられた現在でも御当地のランドマークになっています。渋川市のシンボル的存在となっているサージタンク。普段は見学することのできない発電所を見学しませんか?

ーLoerdesルルドー
フレンチと聞くと入り難い感じはあるけどそんな事はありません♪気軽に召し上がっていただける本格フレンチでベテランシェフのおまかせランチ♪素敵な空間でどうぞ召し上がれ★

ー紙芝居「橘山伝説」・北橘歴史資料館ー
北たちばなふるさとガイドの会による大型紙芝居「橘山伝説」を見ていただきます!なぜ「北橘町」と名前がついたのか?歴史ある古代ロマンの里「北たちばな」の物語です♪北橘歴史資料館では、旧石器時代から現代まで、連綿と続く北橘地区の移り変わりを知ることが出来、国指定重要文化財「道訓前遺跡出土品」は見応えがありますよ~!


-上三原田の歌舞伎舞台ー
世界にも類をみない特殊な機構を持つ「廻り舞台」とも言われる「上三原田の歌舞伎舞台」一見小さな茅葺き小屋に見えるこの建築物は、舞台演出のためのいくつもの複雑な仕掛けがあります!1960年に国の重要有形民俗文化財に指定されました。上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会の方から、歌舞伎舞台についてご案内いただきます♪


スケジュール
                   


各地出発 (9:10~9:45予定)

 ⇓ 

佐久発電所
★普段は入れない発電所施設を解説付きで見学

 ⇓

Loerdes(ルルド)
★ベテランシェフのフレンチランチ

 ⇓ 

紙芝居「橘山伝説」・
北橘歴史資料館
★北たちばなふるさとガイドの会による巨大紙芝居と資料館見学

 ⇓

上三原田の歌舞伎舞台
★世界でも類を見ない特殊な舞台機構をもつ最古の農村歌舞伎舞台の見学

 ⇓

各地帰着(16:10~16:35頃)





 出 発 日
11/24(水)・12/8(水)・12/16(木)・1/12(水)

旅 行 代 金
お一人様  3,300円

 乗 車 場 所
伊香保温泉バスターミナル(9:10発/16:35頃着)
渋川市役所本庁舎℗(9:35発/16:15頃着)
渋川駅(9:45発/16:10着)

※渋川市役所本庁舎は駐車場をご利用いただけます。(ツアー参加者のみ)

ご 案 内
★動きやすい服装・靴でお越しください!
★歌舞伎のお披露目ではなく、歌舞伎舞台(からくり)の見学・ビデオ上映を行ないます。
★感染症拡大等により施設の受入が不可となる場合がございます。その場合は催行中止とさせていただきます。
★添乗員はつきません。バスガイドが同行いたします。
・バスは定刻出発となりますので、遅れないようにお越しください。定刻までにお見えにならなかった場合は連絡致しかねます。
・交通事情により、予定通り運行できないことがございます。
・運行バス事業者
 関越交通株式会社/日輪企画株式会社(コンフォートバス)/ローランド観光バス株式会社


注 意 事 項
・20歳未満の方のみのご参加は親権者の同意が必要です。未成年者参加同意書はコチラ
・中学生以下の方は保護者の同行が条件となります。
・座席指定はできかねます。なお、複数人の予約でも状況により座席が離れることがございます。
・バス車内での食事・飲酒は感染防止のためご遠慮ください。
・交通事情により予定通り運行できないことがございます。
・当日の朝は体温を測定いただき健康チェックシートをお持ちください。(出発ご案内書同封)
・体温が37,5度以上のお客さまのご参加はご遠慮いただいております。
・バス乗車時の手指消毒・マスクの着用のご協力をお願いいたします。


イメージ
©上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会
©上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会
©上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会
TOPへ戻る